Profile

♡ジャパンペットケアマネージャー協会認定  老犬介護スペシャリスト


♡日本ペットシッター協会公認 
ペットシッター士

♡(一社)日本防災教育訓練センター 
ペットセーバー

First Responder

Emergency Rescue Technician

♡(一社)日本アニマルウェルネス協会認定
ペットフーディスト


♡ホリスティックケア・カウンセラー


♡愛玩動物飼養管理士

♡日本アニマルコミュニケーション協会認定 

アニマルコミュニケーター




事業所の名称 
老犬サポート ひだまり

事業所の所在地 
埼玉県狭山市狭山20-37

動物取扱業の種別 
保管

登録番号 
第76-0181号

動物取扱責任者 
横山幸子

登録年月日 
平成26年10月21日

有効期間  
令和6年10月20日

老犬介護士 横山幸子 Yukiko Yokoyama

はじめまして。
2014年秋に「ひだまり」はスタートしました。

子供の頃から犬や鳥、金魚、ハムスター、リスなどの小動物たちと暮らしてきましたが、

ペットの飼えないアパート暮らしの間はイルカに夢中になり、ハワイ、バハマ、小笠原の海で野生のイルカと泳ぎました。

OLを辞めて、ドルフィンスイム/ハワイツアー、セミナーやイベントのオーガナイズの仕事を14年してきました。

引っ越しを機に、念願の黒ラブ、サクラを迎えました。
年齢を重ねるごとに可愛さは増していくばかり。
燃えるような赤の似合うイケイケだったこが、いつの間にか、ピンクの似合う可愛いおばあちゃんになっていました。
14歳の時に前庭疾患になり、ぐるぐる旋回し続けた日々もありましたが、真っ直ぐ歩けるようになるまで復活し、
亡くなる3ヶ月前まで大好きなディスクドッグの大会に参加、最後まで楽しそうにコートに立ってくれました。
目標だった「生涯現役」を達成。15歳4ヶ月のあっぱれな犬生でした。

次に、16歳半のラブラドールの菜々を見送りました。
このこは14歳でセンターから我が家にやってきました。
すでに歩行困難でしたが、体調を崩して寝込んだのをきっかけに、15歳で寝たきりになってしまいました。
それでも菜々の目はいつでもキラキラしてて、生きているのが嬉しい!といっていました。

「寝たきりの犬=可哀相」ではないんです。
菜々の明るさ、ポジティブさは、みんなの生きる希望でした。

そして、その半年後に、13歳8ヶ月のラブラドールのすみれも見送りました。

我が家では老犬認定されないまま、病気発覚から1ヶ月ちょっとで逝ってしまいました。
老犬の病気と余命、その中でできることを、たくさん考えさせられました。

 

唯一のオス、柴ミックスのチビは福島原発被災犬で、長期ホームステイ後、うちの犬になりました。

チビもおそらく脳の腫による発作から1ヶ月、13歳10ヶ月で旅立ちました。

たくさんのエピソードの持ち主ですが、和犬のイロハ、犬を預かるということを教えてくれた犬です。

黒ラブミックスの沙羅は、迷子で保健所に収容されていましたが、お迎えのないまま期限切れになってしまい、我が家に迎えました。
いつしかひだまりの女将と呼ばれるようになり、お客様から愛され、沙羅なくして今のひだまりはありません。

最後まで女将をやりきって、推定14歳で旅立ちました。

みんなそれぞれ、わたしに課題を与えてくれました。

 

現在は、女将見習い、5歳の黒ラブ夏実が、ショートステイのシニアさんたちに若いエネルギーを与えてくれています。

6匹を通じて、たくさんのご縁をいただいてきました。

自分で解決できない問題は、その道のプロをご紹介するなど、誠意をもって対応させていただきます。


愛しい老犬とのかけがえのない時間を笑顔で過ごせるよう、お手伝いさせていただけたら嬉しいです。

すべての命がしあわせでありますように。